読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うどんのジャニヲタ日記

ジャニヲタが書きたい時に書きたいことを書きたいだけ書きました。

サクラパパオーを観に行きました!

サクラパパオーを観劇して参りました!
観た感想を書くけど、ネタバレしないように頑張ったつもりです・・・
4月26日に初日を迎えてからえび担さん達が愛の溢れる感想を綴られていて、早く私もパパオー(済)になりたいとウガウガしてました。

そして迎えた4月30日埼玉公演。私のファーストパパオー!初めての劇場で迷うか不安だったけど最寄り駅に降り立つと黄色い洋服やバッグを身につけた女性達(そういうワイも絶対いらないであろう暑い日なのに黄色いストール持っていきました)が同じ方向に向かっていたので、流れに乗って歩きました。HPやパンフレットに載ってるくらいしかストーリーは知らなくてワイの読解力で話を理解できるかしら(震)と思ったけど、点と点だと思った話がどんどん繋がり、クライマックスにはサクラパパオーという一頭の馬によって登場人物が一つになったのは感動しました!そして塚ちゃん演じる田原くんは一言でいうとどうしようもないヤツ!「堅実・誠実第一」のワイが今日子ちゃんの父親だったら絶対に結婚は反対する。そして絶対ちゃぶ台ひっくり返す(真顔)でもなんだか憎めないところあるし、優しいところあるし、こうと決めたら一途なところあるし、そういうところは塚ちゃんに似てるよね。だからワイが今日子ちゃんの父親で家から締め出しても田原くんは雨の日も風の日も家にやってきて真面目なところ見せて結局結婚許しちゃうと思う(だいぶ時代を遡ってます)そんでもって埼玉公演ではスペシャルカーテンコールをやってくれてキャストの皆さんが「金髪筋肉塚ちゃんです」をもじった自己紹介をしていて、塚ちゃんめっちゃ愛されとるってなった。特にヘレン役の中島亜梨沙さん!舞台では魅惑の女って感じなのにスペシャルカーテンコールで少し照れながら「巻き髪アラサーありちゃんです」って行った時はすごいキュンときた!!お姉様って呼んでいいですか!!あと劇場がコンパクトで後方の席でも双眼鏡いらなくね?っていう近さだった。双眼鏡を使うとロックオンできる代わりに話が入ってこなくなるのが困ってたけど、使わなくてもいい距離だったから塚ちゃんの表情も話もきちんと観ることができて良かったです。

次はゴールデンウィーク明けの5月13日東京公演。もう一回観ても田原くんはダメ人間だと思うし、ヘレンは女から見ても魅力的だし、最後はハッピーエンドのはずなのに少し寂しい気持ちになるし競馬と同じで中毒になる舞台だわ。

ラストパパオーは5月14日。東京公演の楽日です。これで私のサクラパパオーは終わっちゃうのかと思うと、始まる前から寂しい気持ちでした。始まってしまうと馬のようなスピード感でひたすら笑ってたけど、クライマックスの第四レース終了後、盛り上がった後の虚無感で涙が出てきました・・・あとラストパパオーで永島敬三さん演じる実況アナウンサーが色々と細かい動きをしていることに気がつきました。競馬場内の清掃は知ってたんだけど、実況席から新聞取り出して予想屋の話を聞いてたり、指パッチンでジャズっぽいBGMを流したり(ピアノも弾いてた)下で起きてる物語に目が行ってしまって、こちらもちゃんと観てれば良かったと後悔しました(´Д`)
そしてこの日は東京楽日であったからか埼玉公演で行っていたスペシャルカーテンコールがありました!キャストの皆さんが「塚田僚一です!」って言いながらY字バランスとかやってて中島亜梨沙さんは流石タカラジェンヌという感じでピンヒールなのにかなり上まで上がった綺麗なY字バランスでした!!お姉様って呼んでいいですか!!(二度目)


ファーストパパオーの時は次のパパオーまで2週間もあるのかよと思ってたけど、始まってしまうとあっという間だった。しかも現在もパパオーロスが酷くて脳内でずっとジャズっぽいBGMが流れているし、サムくんの「待ちたまえ!」と的場さんの「外務省に勤務しています」がリフレインしてる(笑)最初が笑いばっかりだった分、後半のショッキングな出来事で息を飲んだし、フィナーレのどんちゃん騒ぎ的な終わり方も寂しさが少し混じってしまいました。正直こんなにロスがある舞台とは思ってなかったので、油断してた(-∀-;)
あととても気になったのはNOT塚ちゃん目当てのお客さんが多かったこと。私が入った時も後ろにいたカップルの彼氏は会場にあるポスター見て塚ちゃんが主演って知ったようだし(彼女もえび担という感じではなかった)塚ちゃんが挨拶で「初座長」と言ったら「そうだったんだヒソヒソ」という驚きの声も聞こえたからファン以外の方にも観てもらえたっていうのはいいことだよね。特に塚ちゃんはバラエティーのイメージ(もしくはバック転)が強いし、知らない人にも俳優・塚田僚一が広まった舞台だなと思った。

何はともあれ、素敵な時間を過ごすことができて楽しかったです!ありがとうございました!!残りの公演も出演者・スタッフが怪我なく駆け抜けることを願っております!!!